ENGLISH

TOURISM

エリア情報

神社仏閣


興福寺

奈良市登大路町48

奈良駅(近鉄)

京都山科に建立された山階寺が前身で、710年平城遷都の際に藤原不比等によって現在地に移転され、興福寺と名付けられました。
現在は世界遺産となっており、境内には五重塔、北円堂などの国宝建築物が立っている法相宗の大本山です。数多くの仏教彫刻の名品を所蔵していることでも有名です。

唐招提寺

奈良市五条町13-46

西ノ京駅(近鉄)

唐の高僧鑑真似寄り創建された世界遺産です。
境内には金堂、講堂、校倉、鼓楼(いずれも国宝)をはじめとする伽藍が立ち並んでおり、現在でも創建時の姿を伺い知ることができます。
また、天平彫刻の傑作も数多く安置され、鑑真の深い精神性を感じ流ことのできる寺院です。

東大寺

奈良市雑司町406-1

大仏殿春日大社前(バス)

奈良時代に聖武天皇により建立されました。
境内には「奈良の大仏さま」として名高い盧舎那仏坐像が安置されている大仏殿、創建当時の遺構を残す転害門、法華堂をはじめ、鎌倉時代復興の代表作である南大門など数多くの国宝建造物が立ち並びます。
1998年12月に「古都奈良の文化財」として、世界遺産に登録されました。

春日大社

奈良市春日野町160

春日大社本殿(バス)

768年、今の地に社殿が造営された世界遺産です。
境内には、朱塗りのあでやかな社殿が立ち、古来より藤の名所としても有名です。
また、境内には春日大社国宝殿があり、国宝や重要文化財を含む約3000点を収蔵、公開しています。
皇室の尊崇に加えて、庶民の信仰も厚かったため、数多くの灯籠が奉納されました。背後の春日山を包む春日山原始林は、春日大社の社叢として保護されてきたことで、太古の姿を現在に伝えています。

法華寺

奈良市法華寺町882

法華寺(バス)

聖武天皇の皇后である光明皇后により建立された歴史ある寺院です。
本堂に安置されている十一面観音立像(国宝)は、光明皇后がモデルであると伝えられています。
また、本坊の庭園は名園として有名です。安産や厄除けのお守りになる守り犬は、寺の尼僧よる手作りで多くの人に愛されています。

薬師寺

奈良市西ノ京町457

西ノ京駅(近鉄)

天武天皇が皇后の病気平癒を願い造営した寺院です。金堂、東西両塔、講堂、回廊が立ち並び、「竜宮造り」と呼ばれるほどの華麗さを誇りました。
現在も、朱塗りの欄干、金色に輝く鴟尾などから、建立当時の華やかさを窺い知ることができます。1998年12月に「古都奈良の文化財」として、世界遺産に登録されました。

法隆寺

生駒郡斑鳩町法隆寺山内1-1

法隆寺門前(バス)

607年に聖徳太子と推古天皇により創建されたと伝わり、現存する世界最古の木造建築群です。
境内は西院と東院に大きく分かれ、国宝・重要文化財の建築物だけでも55棟に及びます。建造物以外にも優れた仏教美術品を多数所蔵しており、その数は3000点以上に上ります。
法隆寺地域の仏教建造物として、世界文化遺産に登録されています。

宝山寺

生駒市門前町1-1

宝山寺駅(近鉄生駒ケーブル)

もともとは役行者や空海が修験の場として開いたこの寺を、1678年に宝山湛海が歓喜天を祀って造られました。
般若窟と呼ばれる大岩壁を背景に本堂、聖天堂、多宝堂、絵馬堂などが立ち並びます。
色ガラスのはまった獅子閣(重要文化財)は明治時代にに迎賓館として建てられた洋風建築で、訪れる人の目をひきます。 現世のあらゆる願いを叶えてくれるとされ、生駒の聖天さまと呼ばれ親しまれています。
中でも商売繁盛の現世利益や禁酒といった断ちものを祈願する庶民信仰の寺として知られています。

松尾寺

大和郡山市山田町683

松尾寺口(バス)

718年、「日本書紀」の完成と自らの厄除けを祈願した舎人親王によって創建された日本最古の厄除け寺です。
「厄除け観音」として本尊木造千手観音立像が名高く、厄除祈祷の大本山である。境内には本堂(重要文化財)をはじめ、三重塔、行者堂、七福神堂、阿弥陀堂などが立ち並びます。
また、夏期の小学生修行(一休さん小僧体験)も有名です。

信貴山朝護孫子寺

生駒郡平群町信貴山2280-1

信貴大橋(バス)

587年、聖徳太子によって創建され、平安時代以降は武人の信仰を集めた寺院です。
標高437mの信貴山中腹に位置し、福徳開運の毘沙門天として今も篤い信仰が続いています。また本堂から見渡す奈良盆地の眺めは絶景です。

當麻寺中之坊

葛城市當麻1263

当麻寺駅(近鉄)

天平期、當麻寺住職の住房として成立した當麻寺最古の僧坊です。庭園は、古くから大和三名園の一つに数えられる美しさで国の名勝に指定されています。
大円窓の茶室や、様々な寺宝が入れ替え制で展示される霊宝殿、などが公開されているほか、壮麗な絵天井の下で當麻曼荼羅の諸尊などの写仏体験ができる寺としても知られています。

長谷寺

桜井市初瀬731-1

長谷寺駅(近鉄)

686年、僧道明が天武天皇のために銅板法華説相図(国宝)を西の岡に安置したことが始まりといわれています。
平安時代には貴族、江戸時代には徳川家の崇敬を集め栄えました。寺宝類としては、本尊十一面観音像をはじめ、約千点にも及ぶ文化財を所蔵しています。
また、西国三十三所の第8番札所となっています。

橿原神宮

橿原市久米町934

橿原神宮前駅(近鉄)

畝傍山の東南麓に位置し、1890年、神武帝が造営し即位した場所とする「日本書紀」の記述を基に創建されました。
京都御所の内侍所を移築した本殿(重要文化財)には、手前に内拝殿、外拝殿が建っています。
また、文華殿(重要文化財)は織田家の藩邸を移築したもの。神域は53万㎡にも及び、敷地内には森林遊苑や深田池なども広がります。

おふさ観音

橿原市小房町6-22

畝傍駅(JR)

正式名は高野山真言宗別格本山観音寺といいます。
通称名は、江戸時代に地元の娘「おふさ」さんが、この地で観音様を奉りはじめたのが後にお寺に発展したからといわれています。
4,000種類以上のバラをはじめ、四季折々のお花が楽しめることでも有名です。

岡寺

高市郡明日香村岡806

岡寺前(バス)

天智天皇が633年に創建。岡宮をもらい受けたことから岡寺と呼ばれていますが、正式には龍蓋寺といいます。
現在は山の中腹に江戸時代の書院(重要文化財)や仁王門(重要文化財)、本堂が佇みます。本尊は天平時代作で女性の厄除け観音として信仰を集めている如意輪観音坐像(重要文化財)。
像高4.6mで日本最大の塑像です。西国三十三カ所観音霊場の第7番札所でもあり、四季折々の花の美しさもよく知られています。

室生寺

宇陀市室生78

室生寺(バス)

奈良時代末、東宮の病気平癒を願った興福寺の僧賢憬が創建しました。同じ真言宗で女人禁制だった高野山金剛峰寺に対し、室生寺は女人の参詣を許可。
そのため女人高野と呼ばれ、女性の信仰を集めました。境内には柿葺きの金堂(国宝)や弥勒堂(重要文化財)、檜皮葺きの本堂(国宝)などが散在し、見所の多い寺院です。
シャクナゲやモミジが境内を美しく彩ることでも有名です。

金峯山寺

吉野郡吉野町吉野山2498

山上駅(ロープウェイ)

吉野山の尾根上に高くそびえる金峯山寺は飛鳥時代に修験道の開祖、役行者によって開かれました。
安土桃山時代の再建である現在の堂宇は、木造古建築としては東大寺大仏殿に次ぐ大きさを誇ります。
「紀伊山地の霊場と参詣道」の一つとして金峯山寺本堂蔵王堂及び仁王門がユネスコの世界文化遺産に登録されています。

天河大辨財天社

吉野郡天川村坪内

天河大辨財天社(バス)

別名天河神社ともいい、日本三大弁財天の筆頭・大峯本宮とされる霊験あらたかな神社で、芸能の神様としても有名です。
能関係資料多数が保存され、我が国能楽発達史上の貴重な資料とされています。7月の例大祭や春秋の大祭には能楽奉納もあり、数々の年中行事の中には珍しい神事も多数行われています。

観光施設


奈良公園

奈良県奈良市芝辻町543

奈良駅(近鉄)

奈良市街の東一帯、東大寺、春日大社、興福寺の広々とした境内から、平安朝以来春日大社の神域として人の手が入らず原始林の生い茂る春日奥山までの東西4km、南北2kmにおよぶ広大な都市公園です。美しい芝生と樹齢1000年の松木立におおわれ、約1100頭の鹿が群れ遊んでいます。
年間を通じて日本国内のみならず外国からも多くの観光客が訪れ、日本を代表する観光地の一つとなっています。

奈良国立博物館

奈良市登大路町50

奈良駅(近鉄)

奈良公園の一角にあって、東大寺、興福寺、春日大社などに隣接する博物館です。仏教彫刻、仏教絵画など仏教美術の名品が多数展示されており、なら仏像館では100体近くの仏像を常時展示しています。
ゆったりとした環境のなかで仏教美術の魅力とその背景にある豊かな歴史、文化のすばらしさにふれることができます。

猿沢池

奈良市登大路町49

奈良駅(近鉄)

興福寺の放生池で、360mの周囲には柳が植えられており、風情が感じられます。
水面に興福寺五重塔の影が映る様子は、奈良公園には欠かせない景観の一つに挙げられます。

平城宮跡

奈良市佐紀町

二条町、太極殿(バス)

「平城宮跡」は、710年に遷都された平城京の中心であった宮跡で、世界遺産に登録されています。2018年に5つの複合施設のある「朱雀門ひろば」がオープンし、「平城宮跡歴史公園」となりました。
平城宮の昔から今までを総合的に案内してくれる「平城宮いざない館」や観光拠点施設「天平みはらし館」、レストランやカフェなどの施設が充実しています。

浮見堂

奈良市高畑町

春日大社表参道(バス)

奈良公園内の鷺池に浮かぶ檜皮葺きの六角堂です。水面に写る姿が美しく、水辺の憩いの場となっています。
夜間はライトアップされ、春は桜、夏はサルスベリ、秋には紅葉の色彩が美しく映えます。

吉城園

奈良市登大路町60-1

県庁東(バス)

吉城園は名勝依水園西南にあり、万葉集にも詠まれた宣寸川に隣接している庭園です。自然の起伏、曲線を巧みに取り入れて作庭されています。
茶室東側は、杉苔でおおわれた閑静なつくりで、周囲には紅葉が植えられ、春は新緑、秋は紅葉が彩りを添えています。

若草山

奈良市雑司町

大仏殿春日大社前(バス)

なだらかな円い丘が3つ重なっている様子から別名を三笠山ともいいます。
頂上からは大仏殿をはじめ、奈良公園の眺望がよく、晴れた日には、遠く大和三山や生駒山などを望むこともできます。
若草山の山焼きは古都奈良に早春を告げる行事として有名で、山腹が炎に包まれる様子は壮観です。また山頂からの夜景も美しく、「新日本三大夜景」の一つに選出されています。

依水園

奈良市水門町74 依水園

県庁東(バス)

二つの庭園からなる依水園は奈良を代表する池泉回遊式庭園で、その面積は3400坪。
前園は江戸時代に、後園は明治時代に若草山、東大寺南大門、春日山や御蓋山を借景とし作られました。
このほか、園内には古代中国の青銅器や朝鮮の高麗・李朝の磁器、日本の茶道具などを所蔵、展示する寧楽美術館があります。

とんぼ玉体験工房 「ふぅるる」

奈良県奈良市脇戸町12-1界内

奈良駅(近鉄・JR)

多彩なガラス作品をそろえる専門店「Jubee」。その姉妹店として2015年に体験工房がオープンしました。
ガラス棒を溶かし、玉を巻いて模様をつけるという工程をスタッフにサポートしてもらいながら体験できます。
席が空いていれば予約しなくても作れる手軽さもうれしい。作ったとんぼ玉はチョーカーやブレスレット、ストラップなどにも仕立ててくれます(200円~)。

奈良町からくりおもちゃ館

奈良市陰陽町7番地

奈良駅(近鉄)

明治初期の雰囲気が残る、ならまちの伝統的な町家の空間のなかで、江戸時代庶民に親しまれた、からくりおもちゃを手に触れて遊ぶことができ、昔の子ども達が遊んでいたような疑似体験をすることができます。
施設の奥の工房では、工具を使ってからくりおもちゃを製作することもできます。

奈良県立美術館

奈良市登大路町10-6

県庁前(バス)

1973年日本画家の吉川観方氏が収集した江戸時代の日本画、浮世絵、各種工芸品などの寄贈を機に開館しました。
その後、奈良ゆかりの深い作家などの作品を収集を続け、現在の所蔵品は約4150点を超えています。
館内には観覧券がなくても利用できる休憩室や映像コーナーなどの無料スペースもあります。

奈良県立万葉文化館

高市郡明日香村飛鳥10

万葉文化館、万葉文化館西口(バス)

万葉文化館は、『万葉集』を中心とする古代文化に関する総合文化拠点です。
万葉歌をモチーフとして描いた創作日本画や人形、映像、ジオラマ、音楽などの手法を用いて、万葉の時代の暮らしや万葉歌人の個性・心情などを紹介しており、楽しみながら万葉の世界が学べます。
その他、企画展示室や万葉・図書情報館、ミュージアムショップやレストランも備え、飛鳥の観光拠点ともなっています。

生駒山上遊園地

奈良県生駒市菜畑2312−1

生駒山上駅(近鉄生駒ケーブル)

高642mの生駒山山頂周辺にある遊園地です。山頂までは生駒駅から乗り換えてケーブルカーで15分。
現存するものとしては国内最古の大型遊具「大飛行塔(高さ30メートル)」をはじめ、急流すべり、ゴーカート、ペットふれあいの森など、楽しめる施設も豊富です。
夜は大阪の夜景が一望できます。

農業公園信貴山のどか村

生駒郡三郷町信貴南畑1丁目7-1

信貴山(バス)

四季折々の表情を見せる豊かな自然のなかで、味覚狩り・BBQ・体験教室などが楽しめるスポットです。
特に味覚狩りはほぼ1年を通して体験することができる人気メニュー。BBQも手ぶらで手軽に炭火のおいしさを楽しめます。
こんにゃく作りやそば打ちといった屋内で楽しめる体験もできます。

郡山金魚資料館

大和郡山市新木町107

郡山駅(近鉄)

大和郡山の金魚は、郡山城の藩主として訪れた柳沢吉里が持ち込んだといわれています。
幕末には下級武士の内職として、江戸末期から明治初期にかけては農家の副業として養殖されました。
館内には金魚の原種である「ひぶな」から高級金魚、数少ない金魚までが泳ぐ金魚の水族館があり、錦絵や書物なども展示しています。

奈良県立民俗博物館

大和郡山市矢田町545

矢田東山(バス)

26.6haに及ぶ広大な大和民俗公園内にあり、奈良に暮らす人々が改良工夫しながら伝えてきた暮らしの道具など約4万点を保存、展示公開しています。
また、公園内には、奈良県内の民家集落が4ブロック(町屋、国中、宇陀・東山、吉野)に分けて移築復原されており、自由に見学することができます。

入江泰𠮷記念奈良市写真美術館

奈良県奈良市高畑町600-1

破石町(バス)

約半世紀にわたり奈良の風景や仏像を撮り続けた入江秦𠮷の功績を記念して、1992年にオープンしました。
約8万点におよぶ全作品が収蔵されています。建築家・黒川紀章の設計による建物は、新薬師寺の隣という環境に留意して大部分が地下に埋め込まれ、屋根も瓦葺きになっています。
入江秦𠮷の作品の展示はもちろん、現在活躍する写真家の企画展なども行い、多彩な作品を鑑賞することができます。

OTHER PLANS

  • スタジオ前撮りプラン
  • 京都和装ロケーション前撮り
  • 大阪和装ロケーション前撮り
  • 神戸ロケーション前撮り
  • Emistin 二次会・1.5次会セットプラン
  • 結婚式-挙式披露宴写真・ビデオ撮影
  • エンゲージメントフォトプラン
  • 奈良神社婚